友人の結婚式に祝電を贈りました

結婚祝いのメッセージを贈る場合には、祝電は結婚披露宴会場に送るように電報会社に申し込みをします。

友人の結婚式に祝電を贈りました

結婚のお祝いメッセージを贈る祝電

知り合いに結婚するカップルがいるという連絡を受けた場合には、結婚祝いをしてあげます。もし結婚式に招待されている場合にはお祝いをご祝儀として持参します。結婚式に招待されていない場合や、結婚式に招待されているけど出席できなくなってしまった場合には、別の形でお祝いを贈ります。また、メッセージを祝電で届ける方法が一般的です。祝電というのは電報の中でもお祝いの時に送るものになり、お祝いにふさわしいデザインとメッセージが用いられます。祝電は結婚式の日に届くように送ります。一般には披露宴の祝電の紹介の際に読み上げられるので、その時にあわせて電報会社に申し込む必要があります。

もしこの時に間に合わなかったり、祝電紹介の会場やスケジュールを間違えてしまうと、せっかく贈った祝電が紹介してもらえなくなるので申し込みの際には気をつけるのがおすすめです。また、祝電を送る場合にはメッセージ文の内容には気を配ります。結婚祝いに縁起が悪いとされる忌み言葉が入ってしまうのは失礼に当たります。破る、流れる、去る、といった夫婦不仲や離別を想像させるような言葉は忌み言葉とされているのでうっかりメッセージ文に使わないようにします。心を込めてお祝いのメッセージを送ってあげましょう。祝電のデザインは種類が豊富に選べるようになってきており、花、ぬいぐるみなど電報を受け取った後も使えるような素敵なものがあるので贈ってあげるととても喜ばれるはずです。