友人の結婚式に祝電を贈りました

結婚式に事情があり欠席する場合に祝電を贈る人も多いはず。友人の結婚におすすめの文章をご紹介します。

友人の結婚式に祝電を贈りました
友人の結婚式に祝電を贈りました

友人の結婚で祝電を送るおすすめメッセージ

ずっと苦楽を共にしてきた友人が結婚すると決まった時、きっと自分のことのように喜ぶことでしょう。2人の幸せの門出を祝福し、キラキラ輝く2人の姿を見ることが楽しみになりますよね。しかし、結婚式の日に、仕事等の事情でどうしても出席できないということもあります。そんな時は、出席できない分、自分の気持ちを祝電として贈るのがいいでしょう。しかし、ここで問題となるのが、文章。自分の思いの丈をすべて書いてしまうとかなりの長文になりますので、いかに短い文章で気持ちを伝えられるかが腕の見せどころ。

長年の気の合う友人ならば、毒舌で有名な漫談家の言葉を引用して軽いブラックジョークを交えておもしろい祝電にするのも手。ただし、ふざけ過ぎるのはタブー。割れる、切れるなどのお祝いには避けるべき言葉には気をつけて、新郎新婦の親戚や会社の方々にも聞かれるというのを忘れてはいけません。2人の幸せを祝う言葉と、これからの未来が明るくなることを願う言葉を考えると、お祝いのメッセージとして締まった文章になります。文字数が限られているので、出席できずに残念です。というようなお詫びは祝電には入れる必要がありません。決まった文字数に気持ちを込めるのは難しいかもしれませんが考えた分だけきっと相手に伝わるはず。どうしても思いつかない時は、祝電の文例を使用しましょう。お固めな文例を始め親しみのこもった言い回しのメッセージまで豊富に選べるので、文章作りが苦手な方の強い味方となるでしょう。